犬の「テツ」

 「リインカネーション」。あなたは生まれ変わりを信じますか?。

 私は完全に信じているわけではないですけど、近似死体験や前世の記憶を持つ子供の話を聞くとあながち否定できない気がしています。もし、生まれ変わりがあるとして、極悪非道なヤツは人間以外の動物に生まれ変わったりするのでしょうか?。そしてその逆も。

我が身を犠牲にして人を救った「テツ」

 私の母の妹が小学生のころ、家で秋田犬を飼っていたそうです。名前はテツといいました。とても賢い犬だったらしく、みんな家族同然のように可愛がっていたそうです。

 ある日、その妹がテツを連れて散歩に行った時のことです。妹がどういうわけか電車の踏み切りの中に閉じ込められてしまいました、電車は迫ってくるし小学生の妹にはどうすることもできず立ちすくんでしまいました。その時、危うくひかれそうになるところを、テツが妹に体当たりし我が身を犠牲にして妹を助けた、という事があったそうです。

 テツにもし来生があるのなら彼は何に生まれ変わるのでしょうか?。人間として生まれることになるのでしょうか・・・?。でも案外、また犬として生きているのかもしれませんね。

 仏教では悟りを開くと生まれ変われりという輪廻転生のループから抜け出せるとか・・・。それまで、このループは未来永劫、久遠の彼方までつづくのでしょうか?。それもなんだかねぇ...。

輪廻に関するメッセージをいただく

 このコラムを読んだイオリさんから、こんなメッセージをいただきました。

 「全ての魂は、転生しながら修行を積んでいる」とは、私の祖母の言葉です。 「極悪非道な事をした人は、物に生まれ変わる」とは、母の言葉です。

 物には“死”がないので生まれ変わる事が出来ない為、修行が積めないんだそうです。だから、例えば“御神木”はなかなか切ってはもらえないので、何百年も生き続けて、修行が積めないわけです。御神木の前世は、極悪人間だった、と言える事になります。何だか不思議ですよね。
で、思った事というのは、テツくんは、犬でありながらすばらしい修行ができたんだな、っていう事なんです。身代りになってしまった、というのは悲しいけど、そういう考え方もあるんですよね。きっと次は人間に生まれ変わって、いっぱい恋とかうれしい事とか、経験するんじゃないでしょうか。
 そうそう、修行が終わったら、生まれ変わる事なく極楽浄土で暮らすんだそうですよ。(イオリ)

イオリさん、ありがとう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする