世界初のポータブル“人間”再生機

Human Player

世界初のポータブル“人間”再生機とは、バンダイが発売している「Human Player」であります。
「エゴグラム性格診断」という50問の質問に答えることによって、自分の性格が分析され、自分と同じ性格パターンを持つ電脳生命体がマッチ箱程度の小さなマシンの中に作られます。

これが、そのパッケージ写真です。
Hp3_2

この自分そっくりの性格パターンを持つ電脳生命体は、マシンのなかで仕事したり、ご飯を食べたりするわけですが、その行動パターンは、「エゴグラム性格診断」の結果に裏づけられているので、怠け者と診断された場合は仕事を適当にやってたり、優等生タイプであれば、食事の後は真面目に皿を洗っていたりするわけです。

夜の11時ごろのうたるんの様子を見てみると、

Hp4_2

何だかわからない趣味に熱中していました。(苦笑)

「Human Player」には、自分以外の人のデータも登録できるので、友人や職場の同僚などを登録して再生すると、その人が何をしているかをアニメーションで表示してくれます。オフィスにいて、イライラしたり、残業したり、煮詰まって壁に頭を打ちつけたりしている様子がアニメーションで表示されます。

生活スタイルは、仕事以外に学校、家を選ぶことができます。

登録しているデータは、他の「Human Player」と赤外線でやり取りすることができますし、離れている人には、自分のIDコード(カタカナ)をメールなどで教えることで自分の電脳生命体のデータを相手に伝えることができます。

エゴグラム性格診断

このエゴグラム性格診断は、6000人に対する実験で、90%以上の的中率が証明されているそうです。
ちなみに、うたるんは、「マイペースの自由人タイプ」でした。
そうそう、「Human Player」を使って相性診断もできるので結構遊べますよ。

基本的には、おもちゃなんだけど、それなりに良く出来ているので、ちょっとした話のネタにどうぞ。

性格診断は、エゴグラム性格診断のWebサイト「人間研究所 Human Labo」でもチェックできますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする