内なるガイドとつながるために試してみたこと

自分の潜在意識の奥にもう一人の自分という存在がいるとしたら・・・。そして、その存在とコンタクトがとれて、より良い人生になるためのメッセージを受け取れるとしたら、それは素敵なことじゃないでしょうか。

それが一枚のCDを聞くことで可能となるとしたら・・・。

モンロー研究所が開発したヘミシンク

ヘッドホンで右耳と左耳とで微妙に周波数をずらした音を聞くことで、通常の意識状態から変性意識状態に誘導し幽体離脱を実現させるのがヘミシンクです。

研究所を設立したモンロー自身が幽体離脱の体験者で、彼が幽体離脱状態にある時の脳波を測定分析し、その結果から脳波を特定の状態に移行させれば人を幽体離脱状態に持って行きやすくなることがわかったそうです。その脳波の状態に近づける音は、ヘミシンクと名付けられています。

モンロー研究所では、幽体離脱するための研修プログラムがあるそうですが、そこで使われているヘミシンク(音源)に瞑想へと誘導する音声ガイドを加えたものがCDで発売されています。幽体離脱だけでなくそれ以外の効果をもたらすものも多く制作されています。

まずは体験

さっそく幽体離脱だ!と行きたいところですが、怖がりな性格の私はちょっと躊躇しまして、いくつかあるヘミシンクのCDから「内なるガイドにつながる」をチョイスしました。

このCDは、自分の内なるガイドとコンタクトをとり、永続的なコミュニケーションを創り上げるためのものだそうで、「あなたを愛し、守り、支える人々との意識的なつながりと交流を可能にします」と紹介されています。

まず、CDをiPodtouchにiTunesを使って取り込みましたが、その時はApple Losslessで取り込みました。これは、圧縮によって音が劣化するのを避けるためです。※そのまま取り込むと圧縮されてヘミシンクの効果が得られない可能性があります。

そして、ステレオのヘッドホンかイヤホンをセットし、ベッドなどに横になってリラックスしたら、ヘミシンクを再生します。音楽とともに音声が流れるので、言われた通り指示に従います。そのうちヘミシンクの効果で意識がぼんやりとした「変性意識状態」になります。

内なるガイドと出会う

ヘミシンクを聞きながら音声の指示に従っていると、突然自分の身近に人のようなものの存在を感じました。違和感は全くなく、とても親しみを感じます。

どうやら女性のようです。その存在は名前を名乗ったのですが、残念ながらうまく聞き取ることができませんでした。それでも、その存在を感じたことだけでとても穏やかな気持ちになったのは確かです。
初めてのトライにしては、予想以上の効果でワクワクしましたね。

その後も、何度かトライしたのですが、あまりに心地良いため聞いてるうちにウトウトと寝てしまって、その存在と出会うことができないのですが、めげずに続けたいと思っています。

ちなみに、夜寝る前にヘミシンクを聞いて寝ると翌日の目覚めが良いのです。翌日の朝、電車で席に座っても意識がスッキリしていて眠くならないのです。これは、想定外の効果で驚いています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする