高密度の存在からのメッセージ -コーリー・グッド氏インタビューより-

コリー・グッド氏は、予知能力をもった直感エンパスであり、軍の秘密トレーニングを受け、「地球外生命体とのコミュニケーション」において重要な任務をこなしていた。

彼は、その任務を通じて知り得た数多くの情報をリークし始める。
その中でも、「ブルーエイビアン」という地球外生命体とのコミュニケーションで得られた人類に重要な情報が発信されている。

l201201052000

「ブルー・エイビアンズ」からのメッセージ

CG : 彼らから人類へのメッセージは-多くの宗教で教えられていることです-もっと愛情深くなる必要があると。自分を許し、他人を許すこと。そうすることがカルマの輪をストップさせると。日常において、もっと他人への奉仕にフォーカスする必要がある。そして、私達の振動・意識を高めることに集中せねばならないと。

これは確かにあらゆる宗教の教えに通じることですね。ひょっとすると宗教をもたらしたブッダ、マホメット、キリストなどの賢人偉人の方たちは、地球外から来た高密度の存在だったのかもしれません。

しかしながら、現在の状況を見ると彼らの作戦は失敗したと言えそうです。

「カルマの輪」という表現がありますが、これは輪廻転生のことでしょう。つまり死後の世界があって、死後の世界から時期が来れば再度生まれ変わるということです。

魂のトラップ

「私達の死後に、魂を捕らえるトラップ(罠)はあるのでしょうか?」
という質問に対し次のように答えています。

「死後、白い光のところにいくと、輪廻転生の魂のトラップにとらわれる」と。

森田健さんの著書「生まれ変わりの村」によると、中国に前世の記憶を持つ人が多く住む村があって、その村の住人を調査したところ、前世の記憶を持ったまま生まれてきた人にはある共通点があったそうです。

それは、死後の世界で配られるというスープ(味噌汁)を飲まなかったこと。多くの人は列をつくってスープをもらって飲んでいたそうですが、前世の記憶が残った人たちは列に並ばなかったり、もらってもそのまま捨ててしまったりしたそうです。
そして、この村には「死んだらスープは飲むな」という言い伝えがあるとのこと。

「光のところに行ってはいけない」とは違っていますが、覚えておくとよさそうです。(どう良いのかはわかりませんが・・・)

地球人は感情のエナジーが強い

私達は他の知的文明の反応よりも強い感情反応を起こすように作られているそうです。

私達の意識は振動状態にあり、それぞれの意識を合わせることで、私達の周囲のすべての振動状態に影響を与えます。いったんそのパワーを利用できるようになると、私達は現実を変えることができる力があるようです。

CG : いったん意識のコントロール方法を身につければ、素晴らしいことでもあるんです。感情は、私達の意識の活性剤のようなものですから。感情はつながりあって機能します、そうやって私達の意識は活性化するんです。私達はとてもパワフルな共同創造存在となることができますし、素晴らしい、新しい世界を生み出すこともできます。操作を受けないようになれば。自らの感情と意識の扱い方を身につけさえすればね。

高密度の存在が夢を通じてコンタクトしてきている

CG: たくさんの人が、夢の中でこういった存在達からコンタクトを受ける夢を見ていると報告されています。教室にいる夢です。何を教わっているかは意識に記憶していないかもしれませんが、教室にいる夢を見るのです。ただ、他の人達とグループで教室にいた記憶はあります。夢の中では色んな事が起きるんですよ。

CG: ソウルとハイヤーセルフとの繋がり、これが本来の私達です。意識的に目覚めている自分、いまここで会話している自分は、本来の自分自身のほんの小さな一部でしかありません。私達は多次元存在なんです。あらゆるレベルで、あらゆるたくさんのことが進行しています。何人かの存在達と話した結果の私の見方ですが、私達には顕在意識の自己と潜在意識の自己、ハイヤーセルフ、そしてハイヤーセルフはずっと高次までのぼってゆき、やがて自己の均衡が消えるまで続いています。すると自分はただハイヤーだけになり、それはソース(源)に戻ります。ソースとは私達全員がもと来たところで、ソースが断片化したのが私達です。ですが何らかの形で私達は今も繋がっています。このように、私達はいまでもONE-ひとつなのです。

私たちはすべて一つにつながっている。このことを伝えに来ているのだそうです。

尻尾を加えた蛇のイメージやキリストが「私はアルファでありオメガである」と言ったこと、ユングの集合無意識なども同じことを言っているのかもしれません。
コリー・グッド氏が、面白いことを言ってました。デジタル時計を見た時、11:11だったり、11:33だったりといった場面に出くわすことがありますよね。これは何らかのシンクロニシティが起こっていて、「あなたは良い方向に進んでいますよ」という良いサインであるそうです。


情報は、Sphere-Being Allianceに掲載されているので、興味のある方はアクセスしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする