40年も続くスピリチュアル、オカルト雑誌

最近は世俗にまみれスピリチュアルが足りないなぁと思って、何気なく「そういえば、学研のムーってまだ出てるのかな」と検索してみました。

「ムー」祝40周年

すると、何ということでしょう

今も健在でしかも今月号が40周年を迎えるとのこと。これは、何かの計らいだと思い早速発売日に購入してまいりました。

学研の「ムー」は、創刊3号目に偶然本屋で見つけて、それ以来購入を続けちょうど100号を迎えるときに定期的な購入はやめてしまったのですが、スピリチュアルな世界観や予言、UFOなどの理解を深めることにつながった重要な情報源でした。

それにしても40年ってすごくないですか。

今回久しぶりに誌面を眺めてみたところ、昔とほとんど構成やデザインなどが変わっていないのにもびっくりです。大抵はいろいろ変えたりすると思うんですが、ポリシーが変わらないことが誌面からも感じられますね。

今回の総力特集は「ロズウェルのUFO事件」の最新情報でした。UFOが墜落して機体や宇宙人の遺体、生き残った宇宙人を軍が回収してかん口令を引いたってやつですね。

この40周年記念号には、付録として「超開運DVD」がついていました。

雑誌「ムー」&関連書籍電子版が50%オフ

40周年を記念してamazonなどで電子書籍が半額になっているようです。

Kindleストア の優れたセレクションでオンラインショッピング。

久しぶりに「ムー」を読んで、子供のころにワクワクした感じを思い出しました。

ありがとう「ムー」。これからも発刊し続けてください。

月刊ムー編集部が取材裏話やオカルト・ミステリー情報をお届けします!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事